過払い金返済の仕組みと方法‐借金返済は終わりを告げよう

・過払い金請求とは
カード会社やローン会社など、様々な金融機関から借金をして、返済が難しい状況に陥っている人は、そのまま無理をして返済を続けていくことは現実的に厳しいでしょう。

 

やはり早い時点で、「債務整理」「自己破産」などの手を打つことが、その後の人生を楽しく過ごすために必要です。

 

ただし債務整理の相談をするつもりで行った、弁護士事務所で「借金返済の必要は、今日の時点で無くなります」「加えて支払いすぎの金利分が返還されます」と言われることもあります。

 

まさに相談に行った日を境に地獄から天国へ行先が変わるような体験をすることになります。
これは弁護士や司法書士が、「過払い金請求」ができる例だと判断したからです。

 

借金が多く、たくさんの利息を払っていた人ほど、過払い金は多く、返還される金額が多くなります。

・ふたつの法律と「グレーゾーン金利」

それではなぜ、過払い金が発生するのでしょうか。

 

それは、「金利に関するふたつの法律」があることから端を発しています。

ふたつの法律とは「利息制限法」と「出資法」です。

金融機関がお金を貸す時には、当然利息を取りますが、法律で「○○パーセント以上の金利を取ってはいけない」という利息制限が決まっていて、それは「上限金利」と呼ばれています。

そして利息制限法では上限金利が20%、出資法では上限金利が29.2%という違いがあります。

カード会社、サラ金などでは、上限金利での貸し出しが普通です。

 

できるだけ金利で儲けることを目的とする金融機関は、上限金利が高い出資法の29.2%を当然のように採用して貸し出しを行っていました。

 

この利息制限法と出資法の上限金利の差は9.2%あります。
この9.2%の金利分が「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

 

 

・平成22年に事態が一変した
そもそも本来は利息制限法を適用するのが正しいのではないか、ということは金融機関もうすうすわかっていたことです。

そのため、黒ではないけれど決して白ではないということでグレーゾーンと呼ばれていました。

 

そして平成22年の6月18日に事態が大きく変わります。

 

出資法の上限金利が20%まで引き下げられたからです。

 

そしてグレーゾーン金利時代の利息は不当ではないか?という裁判が起こり、訴えた側が勝利し、カード会社、サラ金は敗訴しました。

 

そして「グレーゾーン金利時代に払っていた払い過ぎの利息分、つまり過払い金を返済せよ」という命令が裁判所から下されました。

 

裁判所は最初の判例を重視する傾向があります。

 

この後、現在まで過払い金請求の裁判で、訴えた側が負けるということはなく、払い過ぎた利息分は返還されるようになりました。

 

確実に勝てる裁判ということで、弁護士事務所がテレビや新聞広告などで、過払い金請求の資格を持っている人を募り、裁判の数は拡大していきました。

 

大手のサラ金だった「武富士」などは、過払い金の返済額が多すぎて、倒産に追い込まれるほどの勢いでした。

 

現在でも過払い金請求は可能です。

 

資格はグレーゾーン金利時代に借金をしていたことが条件になります。

できれば金融機関からどれだけ借金をしていたか、その証拠になるものを用意しましょう。

 

銀行の通帳なども証拠になりますので、当時借金をしていたことが分かるものなら何でも用意して、弁護士事務所や司法書士のもとに相談に行きましょう。
 
・「法テラス」を利用しよう
 
過払い金請求をしたいけど、弁護士事務所に行く勇気がないという人も多いでしょう。
敷居が高いと感じるのは当然ですし、相談料も掛かりますので怖いかもしれません。
 
おすすめしたいのが、「法テラス」です。

 
法テラス

法テラスは正式名称を「日本司法支援センター」と言います。
 

経済的に厳しく弁護士に相談できない人などを救済するために作られた、法務省所管の法人です。
 
法テラスに相談をすると、弁護士事務所や司法書士事務所を紹介してくれますが、法テラスを通した場合、無料相談ができるケース、または弁護費用の立て替えも行ってくれるケースがあります。
 
国の施設ですので、安心して相談できるため、敷居が低いはずです。
 
借金返済のサイト

 

過払い金請求に限らず、任意整理、自己破産の相談も可能ですので、借金の返済が厳しいと感じた時点で、法テラスに相談してみてはいかがでしょうか。

Top

全く計画を立てずに給料を使ってしまい、困った体験談

お金は毎日の生活を送る上でとても大切なものですが、誰もが計画を立てずについ使いすぎてしまい、お金に困った経験があると思います。私も社会人なりたての頃に、初めて受け取った初任給を無計画に使ってしまい、お金に非常に困った体験があります。

社会人なりたてという事もあり、お金の大切さの認識が私の中で薄かったのもあるのですが、お恥ずかしい事に貰った初任給をほぼ全て友人との遊びや、自分の趣味などに使ってしまったのです。幸い私は実家暮らしだった為、生活は問題なく送れたのですが、実家に入れる約束だった生活費や普段持ち歩く最低限のお金、または貯金という手段もあったのにも関わらず、私は一切利用計画を立てないまま初任給を使い果たしてしまったのです。

両親にも迷惑をかけてしまい、自分の計画性の無さに嫌気が指す程の後悔を味わったのが、今でも思い出せます。お金はしっかりと計画的に使わなければいけないという事を身をもって実感させられた体験でしたね。きっとあの時私は、学生の頃のお小遣いと同じ感覚で使ってしまったのだと思います。

自分の計画性の無さが起こしてしまったこの体験ですが、この体験がきっかけでお金の大切さを深く知る事が出来ました。

自分のお金だからといって全てを自由に使っていいという事では無いんですよね。一人暮らしなら家賃、親元での暮らしなら生活費を納めたり、将来の為の貯金だってとても大切です。無計画にお金を使ってしまうと、自分も困りますし周りの人にも迷惑をかけてしまったりもするので、私はこの体験以来お金の使い道は慎重に考えた上で使うようにしています。

最近では車を買いたいという目標も出てきた為、無駄遣いを減らして貯金に励んでいます。相変わらず趣味などにはいくらかお金は使っていますが、しっかりと金額を決めてやりくり出来ているのでご安心下さい。お金は生活を送る上で非常に大切になるものです。皆さんも今一度、お金の管理がしっかりと出来ているか確認してみる事をお勧めします。

Top

消費者金融を回避‐妊婦は安静でお金もかかる

私は今、出産を目前に控えた臨月の妊婦です。

恥ずかしながら、できちゃった結婚でした。
旦那も私も30歳のため、結婚を前提にお付き合いしていましたしなんとかなるだろうとのことで結婚をしました。

妊娠発覚当初、私はフリーランスで、男性に混ざって重い機材を運んだり、力を使う仕事をしていました。
しかし、妊娠初期は流産しやすいとのことで、仕事はできるものだけして、現場に出るのをやめました。
収入は当然減ります。
そして、同時に妊婦検診で私が病気を併発していることがわかり、検査や治療でかなりお金がかかりました。

私もそうなのですが、旦那はかなりの自由人で、そこも大好きだったため、お金の負担をかけたくなくて、自分は一切贅沢をしないと決めて節約生活を送りました。

そしてそれからはフリーランスの仕事をやめ、短期の派遣を紹介してもらい、座ったままできるテレアポの仕事などをしていました。

しかし、妊婦検診で『絶対安静』を言い渡されたり、なかなか思うように仕事もできませんでした。
借金こそないものの、これじゃお金が続かないと思い、とうとう妊娠後期に入ってから、旦那にお金のことを相談してみることにしました。

旦那の給料は手取り25万円ほどで、全然やっていけない数字ではありません。
旦那も理解をしてくれて、お金を入れてくれることになりました。
自分のプライドが邪魔をして、なかなか旦那に話せなかったのですが、もっと早くに話しておけば良かったと思いました。
消費者金融のホームページなども見ていたので危なかったです。

とにかく妊娠中はなにが起きるかわからず、お金が急に必要になることもあるし、仕事が急にできなくなることもあるしで大変です。
貯金をしておくべきだったと、つくづく思いました。
そして、お金のことに関してはしっかり家庭で話すべきだと思いました。

Top

お金のない無力さと後悔-だからこそ強みがある

私自身、今も収入が少ない日々を送っています。それでもなんとか生きています。
自分のためだけなら今のままでもいいのですが、
数年前に初めてお金がないことを悔やんだ時がありました。

 
それは子供の頃から好きだった祖母が亡くなった時でした。
小さい時によく里帰りして遊んだりしてましたが、歳をとるにつれて
帰ることは減っていきました。

 
そんなある日、祖母が倒れたと電話があったのです。
聞くと庭にある細い田舎道を踏み外し、数メートル下の草むらの中に
夕方まで起き上がれず、倒れたままだったそうです。

 
その日から祖母は病院の介護施設に預けられることになりました。
そこは自分の住んでいる場所から遠くの施設で、あまり通える場所では
ありませんでした。

 
それでも母と数ヶ月に一回はなんとか通っていました。
祖母は会った時、昔のままの笑顔でとても嬉しそうに出迎えてくれます。
でも私は実際、祖母とはあまり正面切って話をしたことはないのです。

 
結局母が会話をして、自分はその間施設の中をウロウロしてるだけでした。
もちろん祖母が嫌いなわけではなく、里帰りのときもいつもそんな感じで
過ごしていました。
そしてそろそろ帰る時間になると、笑顔だった祖母は急にしわくちゃな顔になり、
泣き出してとても辛そうな顔を必ずするようになりました。
私はそんな祖母を見るのが辛くて、とうとう通うのは母だけになりました。
それから数年のうち、祖母は亡くなりました。

 
お葬式に出て、棺の中の祖母を久しぶりに見ると、とても安らかな顔でした。
その時私は自分にもっと力があれば・・・とお金のない無力さと悔しさと
後悔を強く思ったのです。お金があればもっと近くの施設に預けてもらって
毎日通えたはずなのに。結局自分は最期まで祖母に何もしてやれなかった。

 
後悔の念が、今でも時々こみ上げて来ます。
でもあれからの自分は何も変わっていない。
世の中お金が全てではありませんが、

 

 
お金があるほうが幸せになれることもあります。
これからもこの気持ちを自分の心の奥底にしまって、生き偲んでまいります。

Top