過払い金返済の仕組みと方法‐借金返済は終わりを告げよう

・過払い金請求とは
カード会社やローン会社など、様々な金融機関から借金をして、返済が難しい状況に陥っている人は、そのまま無理をして返済を続けていくことは現実的に厳しいでしょう。

 

やはり早い時点で、「債務整理」「自己破産」などの手を打つことが、その後の人生を楽しく過ごすために必要です。

 

ただし債務整理の相談をするつもりで行った、弁護士事務所で「借金返済の必要は、今日の時点で無くなります」「加えて支払いすぎの金利分が返還されます」と言われることもあります。

 

まさに相談に行った日を境に地獄から天国へ行先が変わるような体験をすることになります。
これは弁護士や司法書士が、「過払い金請求」ができる例だと判断したからです。

 

借金が多く、たくさんの利息を払っていた人ほど、過払い金は多く、返還される金額が多くなります。

・ふたつの法律と「グレーゾーン金利」

それではなぜ、過払い金が発生するのでしょうか。

 

それは、「金利に関するふたつの法律」があることから端を発しています。

ふたつの法律とは「利息制限法」と「出資法」です。

金融機関がお金を貸す時には、当然利息を取りますが、法律で「○○パーセント以上の金利を取ってはいけない」という利息制限が決まっていて、それは「上限金利」と呼ばれています。

そして利息制限法では上限金利が20%、出資法では上限金利が29.2%という違いがあります。

カード会社、サラ金などでは、上限金利での貸し出しが普通です。

 

できるだけ金利で儲けることを目的とする金融機関は、上限金利が高い出資法の29.2%を当然のように採用して貸し出しを行っていました。

 

この利息制限法と出資法の上限金利の差は9.2%あります。
この9.2%の金利分が「グレーゾーン金利」と呼ばれていました。

 

 

・平成22年に事態が一変した
そもそも本来は利息制限法を適用するのが正しいのではないか、ということは金融機関もうすうすわかっていたことです。

そのため、黒ではないけれど決して白ではないということでグレーゾーンと呼ばれていました。

 

そして平成22年の6月18日に事態が大きく変わります。

 

出資法の上限金利が20%まで引き下げられたからです。

 

そしてグレーゾーン金利時代の利息は不当ではないか?という裁判が起こり、訴えた側が勝利し、カード会社、サラ金は敗訴しました。

 

そして「グレーゾーン金利時代に払っていた払い過ぎの利息分、つまり過払い金を返済せよ」という命令が裁判所から下されました。

 

裁判所は最初の判例を重視する傾向があります。

 

この後、現在まで過払い金請求の裁判で、訴えた側が負けるということはなく、払い過ぎた利息分は返還されるようになりました。

 

確実に勝てる裁判ということで、弁護士事務所がテレビや新聞広告などで、過払い金請求の資格を持っている人を募り、裁判の数は拡大していきました。

 

大手のサラ金だった「武富士」などは、過払い金の返済額が多すぎて、倒産に追い込まれるほどの勢いでした。

 

現在でも過払い金請求は可能です。

 

資格はグレーゾーン金利時代に借金をしていたことが条件になります。

できれば金融機関からどれだけ借金をしていたか、その証拠になるものを用意しましょう。

 

銀行の通帳なども証拠になりますので、当時借金をしていたことが分かるものなら何でも用意して、弁護士事務所や司法書士のもとに相談に行きましょう。
 
・「法テラス」を利用しよう
 
過払い金請求をしたいけど、弁護士事務所に行く勇気がないという人も多いでしょう。
敷居が高いと感じるのは当然ですし、相談料も掛かりますので怖いかもしれません。
 
おすすめしたいのが、「法テラス」です。

 
法テラス

法テラスは正式名称を「日本司法支援センター」と言います。
 

経済的に厳しく弁護士に相談できない人などを救済するために作られた、法務省所管の法人です。
 
法テラスに相談をすると、弁護士事務所や司法書士事務所を紹介してくれますが、法テラスを通した場合、無料相談ができるケース、または弁護費用の立て替えも行ってくれるケースがあります。
 
国の施設ですので、安心して相談できるため、敷居が低いはずです。
 
借金返済のサイト

 

過払い金請求に限らず、任意整理、自己破産の相談も可能ですので、借金の返済が厳しいと感じた時点で、法テラスに相談してみてはいかがでしょうか。

Top